三重の地酒を中心に美味しいお酒を販売中。また、お酒関連の情報も満載!

三重の地酒販売店 伊勢路
美味しいお米、おいしいお水から出来ている三重県の地酒。
伊勢神宮奉納酒など、三重の地酒を中心においしいお酒を販売しております。
はじめてご利用される方へお支払い・配送・返品について 個人情報について特商法の表記 お問合せ
HOME>美味しいおつまみ情報 お酒の肴
美味しいおつまみ情報 酒の肴
[1]

伊勢えび

伊勢えびイメージ

伊勢えびは広く日本全域で生息しており、昔から真鯛とともに、縁起がよく色々な祝い事に用いられます。
しかし、本来伊勢でとれた海老が伊勢えびであって、外でとれたら九州エビとか静岡エビとか言うんでしょうね。ハハハ。

地元浜島の料理の鉄人、相可元康さんの伊勢えびの美味しい食べ方レシピを紹介します。

その1.おさしみ

伊勢海老 身を半分に切り、好みによりねぎを混ぜ、細かく切ってください。

その2.残酷焼き

まさしく生きた伊勢えびを、そのまま炭火にて焼き上げ、頭部と身をはなして そのまま頬張ります。

その3.塩茹でボイル

熱く沸騰したお鍋に少し塩を入れ、伊勢えびを入れます。 約10〜15分で身の色が赤からオレンジ色に変わりもうOK! そのまま食べても良いが、季節の野菜と一緒に盛り合わせ、伊勢えびサラダもお勧め。

 

[2]

鰹のたたき風ガーリックオイルソース

材料

カツオ、サニーレタス、玉ねぎ、えのき茸、大葉、アサツキ、カイワレ菜、イタリアンパセリ、マリネ用香味野菜(おろし生姜:小さじ1、おろしニンニク:少量、みじん切りの大葉:少量)。

調味料

マリネ液(酢:90cc、濃い口醤油:90cc、日本酒:25cc、みりん:50cc、削りカツオ:2/3カップ、レモン汁:少量)。
ガーリックオイルソース(ニンニク:30g、オリーブ油:150cc、赤唐辛子:1本、粗挽き黒コショウ:少量)。
トマトペースト(トマト:大1個、ニンニク:1/3片、オリーブ油:大さじ2、塩:少量、コショウ:少量)。
ブランデー:少量、塩:適量、コショウ:適量。

作り方

1.カツオは5枚におろして(節おろし)、血合いを取り除く。

2.全体に塩・コショウをたっぷりとふり、ブランデーをふりかけて20〜30分間冷蔵庫で冷やす。

3.マリネ液の調味料を合わせて、一煮立ちさせ、冷めたらマリネ用香味野菜を加える。

4.2のカツオを取り出して皮目の方から網焼きし、表に焦げ目をつける。すぐに氷水にとって冷まし、水気をふき取る。

5.4のカツオを、3のマリネ液に約2時間漬けて一口大に切る。

6.サニーレタスはちぎり、玉ねぎは薄切りにする。えのき茸はほぐしてレモン汁をたらした水で洗っておく。大葉はみじん切りにする。

7.トマトペーストを作る。トマトは皮と種を除いて粗みじんに、ニンニクはみじん切りにする。オリーブ油でニンニクを炒め、トマトを加えて弱火で煮詰めてペースト状にする。塩・コショウで味を調える。

8.ガーリックオイルソースを作る。厚手の鍋で、オリーブ油を弱火で熱し、薄切りのニンニクを入れ、香りが出てニンニクがカリッとしたら取り出す。種を取り除いてみじん切りにした赤唐辛子と黒コショウを加える。

9.器にサニーレタスを敷き、5のカツオを盛り、トマトペーストを散らす。玉ねぎとえのき茸を盛り、カイワレ菜とイタリアンパセリをふんわりと盛り付ける。マリネ液をたらし、熱々のガーリックオイルを掛ける。天に大葉、アサツキ、8のガーリックチップを盛る。