三重の地酒を中心に美味しいお酒を販売中。また、お酒関連の情報も満載!

三重の地酒販売店 伊勢路
美味しいお米、おいしいお水から出来ている三重県の地酒。
伊勢神宮奉納酒など、三重の地酒を中心においしいお酒を販売しております。
はじめてご利用される方へお支払い・配送・返品について 個人情報について特商法の表記 お問合せ
HOME>日本酒の豆知識<味と香りについて>
日本酒の豆知識

味と香りについて

飲み応え(淡麗・濃醇/酸度)

日本酒で「淡麗・濃醇」の目安になるのが「酸度」です。
「酸度」とは「酸味」や「旨み」の成分である「乳酸」などの「酸」の量をあらわします。
一般的に「酸度」が高いほど「飲み応え」があります。

市販酒でいうと「酸度」は「1.5〜1.7」が目安で、「それ以下(1.0〜1.4)」 なら“すっきりした口当たり”の「淡麗」、「それ以上(1.8〜)」なら“どっしりした口当たり”の「濃醇」と言えます。

辛口・甘口(日本酒度)

日本酒で「辛口・甘口」の目安となるのが「日本酒度」です。
一般的に「日本酒度」は「0」が基準で、「+」なら「辛口」、「−」なら「甘口」 と言われています。

市販酒でいうと、「日本酒度」は「−1〜+1」が目安で、それ以下(〜−2)なら「甘口」、それ以上(+2〜+5)なら「少し辛口」、さらにそれ以上(+6〜)なら 完全に「辛口」と言えます。

しかし、実際に「辛く」感じるか「甘く」感じるかは「酸度」が関係してきます。「日本酒度」が同じ場合、 「甘口」でも、「酸度」が高いとあまり「甘く」感じませんが、「酸度」が低いとかなり「甘く」感じます。
「辛口」だと、「酸度」が高いとかなり「辛く」感じますが、「酸度」が低いとあまり「辛く」感じません。

コク・旨み(アミノ酸)

日本酒で「コク・旨み」の目安となるのが「アミノ酸度」です。

一般的に「アミノ酸度」の数字が高いほど「コク・旨み」があるお酒と言えます。
「アミノ酸度」の目安になるのが、そのお酒の「酸度」です。
そのお酒の「酸度」より、「アミノ酸度」が高いお酒は「コク・旨み」を強く感じます。
そのお酒の「酸度」より、「アミノ酸度」が低いお酒は「コク・旨み」を弱く感じます。